牡蠣 食事

MENU

食事で牡蠣を摂取するには?

牡蠣はどんな食べ方をしても美味しい食材です。
生でもよし、焼いたり煮たりしてもとても美味しく食べることができます。

 

「でも牡蠣の料理ってどんなものがあるのかよくわからない…」
そんな人のために、美味しくて栄養成分もたっぷり含まれた牡蠣の食べ方をご紹介しましょう。

生牡蠣

生の牡蠣は新鮮なものにレモンをかけて食べるのが美味しいですよね。
でもそれだけじゃありません。

 

トマトと玉ねぎで作ったトマトソースや青じそや梅干しなどの爽やかな食材を使って作った
和風ソース、バジルをたっぷり使ったバジルソースなどとからめて食べてもとても美味しいのです。
どんな食材とも牡蠣は相性がいいのです。

殻付きの牡蠣

殻付きの牡蠣なら網でそのまま焼き牡蠣にして醤油やポン酢で食べるととても美味しいですね。
これ以外にもマヨネーズと味噌を混ぜたソースにチーズを乗せて焼いたり、
柚子胡椒焼きにしたり牡蠣の身と殻をそのまま使ったグラタンなんかを作っても美味しいですね。
電子レンジで作るなら酒蒸しなどがオススメですよ。

むき牡蠣

すでに殻からむかれた牡蠣なら本当にいろいろな料理に使うことができますよ。
キムチ鍋や寄せ鍋の具材としても非常に相性がいいので、寒い日にはうってつけです。
さらにパスタとも相性がいいので、パスタソースとしても使うことができますね。

 

他にも相性がいいものとして白菜が上げられます。
白菜で牡蠣を包んでロールキャベツならぬロール白菜にしても美味しいですし、
塩昆布や塩麹を使って炒めものを作ってもとても美味しく食べることができます。

 

牡蠣の食べ方のバリエーションは非常に豊富で
「え?こんなものとも!?」と思えるような意外な食材と相性がいいこともあります。
ぜひあなただけの牡蠣の食べ方を見つけてみては?